ホーム  >  展開する新事業  >  安全運転教育事業

展開する事業 new enterprise

安全運転教育事業

世間一般に「品質管理」を「QualityControl=QC」と呼んでいます。

物流の「品質管理」で欠かせないのは、車という危険な機械を操る「人」と
目的地まで、大切に運ぶべき「荷物(商品)」になります。

「品質管理」として問われるのは、もちろん「人」です。

倉庫内の品質管理であれば、優先順位は「「荷物(商品)」、
そして、それに携わる「人」という事になりますが、
「運ぶ」という業務においては、「人」が第一、
その次に「荷物(商品)」になるとプラウドは考えています。

社会のルール、交通のルール、人としてのモラルを守っていれば、 車は安全な乗り物ですが、たった1つのミスで、
大切な命をも簡単に奪ってしまう危険な乗り物である、という事実を 私たちは決して忘れません。

このポリシーに基づいて、 プラウドでは徹底した安全運転教育を行っています。

社内の安全運転教育


安全運転コンサルティングサービス

御社のドライバーの「安全運転」についての認識・モラルは、どのレベルですか?
「安全運転教育」については、1度受講すれば大丈夫、というものではありません。

交通ルールや道路状況は、頻繁には変わりません。

本当に怖いのは「人」のモラルや感情・体調が、秒単位で変化することにあります。 そのことを忘れないためにも、毎年の定期的な「安全教育」を導入してみては 如何でしょうか?

QCとは

QCへの取り組み

QC構想

登録からの流れ

※ 徹底したドライバー研修制度を実施しています ※ お客様の研修受講も可能です

ご利用事例などは「プラウドの強み」をご覧ください。

安心・安全への取り組み
・安全運転研修
・普通救命講習(AED)

プラウドへのお問合せはこちら! 資料請求・お問合わせはこちら!