ホーム  >  会社案内  >  環境への取り組み

会社案内 company overview

環境への取り組み

エコドライブは、地球にも、お客様にも優しいのです。  
化石燃料の枯渇問題と共に、代替燃料やエコドライブについて、先進国では重大な関心事となっています。 究極のエコドライブは、ずばり車に乗らない事ですが、そう簡単にはいきません。

何の技術も必要無く、誰にでも出来る事は、

  1. タイヤの空気圧を基準値以下に落とさない。
  2. 余計な荷物を積まない(車を物置代わりにしない)ゴルフバッグとか。。。
  3. アイドルストップ

エンジンを始動するのに必要な燃料は、アイドル5秒間に消費する燃料と言われています。つまり、6秒以上停止するなら、アイドルストップした方が良いという事です。

昨今では、スターターモーターやBTも、アイドルストップを前提に設計されているので安心です。車の進歩も目覚ましく、大型トラックでもAT車が主流になりつつあります。トラックのATは、正確にはオートシフトという意味で、ギアチェンジ操作を、ドライバーの代わりに車が行ってくれるという事です。

技術が未熟でも乗れる、万人向けの車が主流になっていますが、車が進歩すれば技術は不要でしょうか?どんなに機械が進歩しても、職人の技って欠かせないですよね?車の運転にも言える事だと思います。某トラックメーカーの開発の方から聞いた話ですが、オートシフトという画期的な機能を作りました。が、燃費の面で言えば、本物のプロドライバーさんの運転には敵いませんとの事でした。

仮に、50台のトラックで、1日100L/台使うとすると、20日稼動で、1ヶ月/100,000Lの燃料を消費することになります。ドライバーの努力で、2%燃費が良くなったとすると、2,000Lの節約になります。L/110円で計算し、22万の節約です。これは、純利ですよ、22万の純利を稼ぐ為に、いくらの売上が必要でしょうか?営業利益率3%の企業様でしたら、733万の売上です。燃費走行がいかに大切か、ご理解頂けたでしょうか?

プラウドは、一人でも多く、エコ意識が高く、技術のある人材を派遣し、社会貢献したいと考えております。

プラウドへのお問合せはこちら! 資料請求・お問合わせはこちら!