― プラウドの強み ―
全件表示 172
お仕事事例 55
お仕事情報 4
インフォメーション 46
お客様の声
プレスリリース 2
システム事例 47
導入事例 3
トラブル対応 31
ノウハウ 13
EC物流事業 10
情報提供派遣料金の明示 8
 
ホーム > 全件表示 > システム事例 > ノウハウ > Excelのショートカットキーの活用(その2)
お問い合せ
Excelのショートカットキーの活用(その2)

前回は6個のショートカットキーをご紹介しましたが、今回も6個です。

まず、これは皆さんよくご利用されているかもしれませんが、「Atl+Enter」でセル内で改行するです。一つのセルに複数行入力するときに使用します。

次は「Ctrl+Enter」です。これはセルを移動せずに入力を確定する場合に使用します。通常「Enter」を使用するとしたの行に移動しますが、このショートカットでは移動しません。

続いて「Ctrl+F」で「検索」画面を開くです。Findと覚えておけばよろしいかと思います。
一方「Ctrl+H」では「置換」の画面が開きます。この場合のHは特に意味はありませんので、機械的に覚えるしかありません。

大きな表の場合便利なのが、矢印キーを利用して端まで移動する方法です。
「Ctrl+矢印キー」で表の端まで矢印の方向に移動します。
さらに、「Ctrl+Shift+矢印キー」では表の端まで矢印の方向に範囲選択が出来ます。
小さな表ではあまりメリットを感じませんが、表が大きくなるとメリットを実感できるはずです。


ショートカットキーを利用するとExcelの入力や操作が効率的に行えます。
是非ご利用になってください。

  
詳しくは下の画像をご覧下さい。
クリックで画像を表示
                 
 
お仕事をお探しの方はドライバー派遣ネットへ今すぐクリック! MENU INDEX プラウドの強み 事例や工夫など営業マンや現場の声をお伝えします!