― プラウドの強み ―
全件表示 165
お仕事事例 55
お仕事情報 4
インフォメーション 46
お客様の声
プレスリリース 2
システム事例 40
導入事例 3
トラブル対応 31
ノウハウ 6
EC物流事業 10
情報提供派遣料金の明示 8
 
ホーム > 全件表示 > システム事例 > トラブル対応 > Excelで保存しないままBookを閉じてしまった
お問い合せ
Excelで保存しないままBookを閉じてしまった

Excelを閉じてしまって、「あっ!保存していなかった」となったことはありませんか?
Excel2010以降でしたら、復活できる可能性があります(それ以前は残念ながら特殊なことをやっていない限り無理です)。

まずは、新しいExcelを開いて、[ファイル]→[オプション]→[保存]と進み、
[次の間隔で自動回復用データを保存する]と[保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す]の2項目にチェックが入っていることを確認してください。
初期状態から変更していない限り、チェックが入っているものと思います。

続いて、[ファイル]→[情報]→[ブックの管理]で[保存されていないブックの回復]を選択し、最新のブックを選択します。
これで、かなりの部分が取り戻せたかと思います。
保存間隔は通常10分となっています。お好みで変更されればよろしいかと思います。

  
詳しくは下の画像をご覧下さい。
クリックで画像を表示
                 
 
お仕事をお探しの方はドライバー派遣ネットへ今すぐクリック! MENU INDEX プラウドの強み 事例や工夫など営業マンや現場の声をお伝えします!