― プラウドの強み ―
全件表示 126
お仕事事例 55
お仕事情報 4
インフォメーション 45
お客様の声
プレスリリース 2
システム事例 3
EC物流事業 10
情報提供派遣料金の明示 7
 
ホーム > 全件表示 > インフォメーション > ゲリラ豪雨での運転に注意しましょう!
お問い合せ
ゲリラ豪雨での運転に注意しましょう!
昔の夏は、夕立が降って、気温が下がって過ごしやすかったですが、今は気温上昇も原因していて、短時間に大量の雨が降る"ゲリラ豪雨"が、頻繁に発生しています。

運転中に、ゲリラ豪雨に遭遇した場合の対処について、簡単にまとめてみたいと思います。
滝のような大雨に遭遇した場合には、ワイパーの速度を上げても、見通しが悪い状況となり、対向車や歩行者を確認する事すら難しくなります。

そんな時、無理することなく、通行の邪魔にならない場所に車を停めて、雨が収まるのを待つことが賢明です。

車を停める適当な場所がなかった場合には、速度を落として、ライトを点灯をした上で、車間距離をしっかりと確保することで、事故回避の繋がります。

また急ブレーキや急ハンドルは、ハイドロプレーニング現象を引き起しやすく、すぐに止まれない状況となってしまいます。

ニュースなどで、冠水路で水しぶきを上げて走行する映像を見る機会が増えていますが、エンジンルームが水に浸かると、エンジンを痛めてしまう事になります。

可能な限り冠水路を回避して、車が止まってしまうような状況を避けましょう。

#ドライバー派遣のプラウド #ゲリラ豪雨 #視野確保 #急ブレーキ厳禁 #急ハンドル厳禁 #ハイドロプレーニング現象 #冠水路回避 #車間距離 #ライト点灯 #安心 #安全 #快適 #耳寄りな話
クリックで画像を表示
                 
 
お仕事をお探しの方はドライバー派遣ネットへ今すぐクリック! MENU INDEX プラウドの強み 事例や工夫など営業マンや現場の声をお伝えします!